【vol.32 CARATO71PROJECT -WORKSHOP- 】

「クリエイターを育て、地域を元気にする 台東デザイナーズビレッジの15年」

本年の2019年「第37回毎日ファッション大賞」で長く業界に貢献した人へ贈られる「鯨岡阿美子賞」を受賞した台東区立の創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」村長の鈴木淳さんををゲストスピーカーにお迎えします。鈴木さんは日本では数少ないファッションビジネスでの起業をサポートする仕事を15年続けてきました。その結果多くのブランドが輩出され、ファッション業界で活躍するとともに、台東区内での開業者が増え地域の活性化につながっています。台東デザイナーズビレッジの設立から現在までの活動や、クリエイターの支援などについて紹介いたします。また、デザビレ卒業生との対談や来場者とも意見を交換しながら、これからのファッションビジネスでの起業や支援について考えます。

◇ 日程:2019年12月9日(月)18:30~20:00(開場18:00)
※通常よりも開始時間が30分早いです。お間違えのないようお越しください。
※講演終了後、20:10~21:30まで同会場4階で忘年会&交流会を行います。
(参加費別途2,000円)

◇ 開催場所:カラート71 (東京都渋谷区鉢山町13-7) 2階

◇ 参加費:1,000円(UNIFA会員・学生は700円)

◇ スピーカー(敬称略):

suzukijunph鈴木 淳   (台東デザイナーズビレッジ 村長)
1990年鐘紡入社。カネボウファッション研究所勤務、商品企画やマーケティングを担当。1999年独立、NPO法人ユニバーサルファッション協会を設立(現在理事・最高顧問)。障害者高齢者ファッションに取り組む中小企業や個人を支援。2004年より台東区の創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」(デザビレ)村長を受託。15年で100組以上のクリエイターを育て、卒業企業が地元に定着し注目される。2011年地域イベント「モノマチ」をスタートさせる。2015年「イッサイガッサイ東東京モノづくりHUB」を起ち上げ、東東京に創業者を増やす様々な活動を実施。ソーシャルデザイン研究所として、産地振興、企業支援にも取り組む。2019年「第37回毎日ファッション大賞」で長く業界に貢献した人へ贈られる「鯨岡阿美子賞」を受賞。

◇ 申し込み方法:
メールの件名に「12月9日参加」と記入 、本文欄に氏名、ご連絡先(メールアドレス)、所属 を明記し
info@carato71project.com  までお申し込みください。

※忘年会・懇親会にもご参加希望の方は、その旨もご記入ください。

主催:
CARATO71PROJECT WORKSHOP運営委員会

運営:
特定非営利活動法人 ユニバーサルファッション協会

お問い合わせ:
CARATO71PROJECT事務局
info@carato71project.com